哲学

理系のコミュニティを観察しているとやはり、理系にこそ哲学が必要なんじゃないかと思います。
いや、理系に限らず、色んな思想、論理が溢れていて、自分好みの思想、論理を選り好みでき、また、思想を同じくするものとばかり繋がれ、客観性のない個人の真理をもっと広い真理だと思い込めるSNSのようなツールがある現代の人すべてに哲学って必要なんじゃないかと思います。
これは哲学史におけるだれそれの思想を学ぶとかそういうのではなくて、子供に哲学を教えようというのと同じ様なものを意図しています。もっと思考自体に焦点を当てて、思考に客観性や公平性をもたらせるような、苦痛に目を背けずに真理を求めるような、そんな思考を成熟させるツールとしての利用とでもいうんでしょうか。
また、子供に哲学をといいますけれど、それは確かにそういった思考は子供の頃から成熟させていくものだと思いますけれど、成熟した思考をする下の世代を受け入れられる社会であるためには、今の大人にもまた哲学が必要だと思うんです。個人的には、成熟した思考をする下の世代に対し「子供だ」「大人になれ」などという社会であっては、子供に哲学を教えたくなりません。