ブラックフェイス

ダウンタウン浜田の顔面黒塗り問題。
無知でやるのは、わかっててやるより悪いって果たしてそうなんでしょうか。人が差別している姿を見て、その意味も考えず真似をする。それは差別を助長する行為でしょう。確かにそのような無知と思考停止はわかっててやるよりも悪いかもしれません。でも、非意識下に黒人に対する差別的なバイアスを持たない人が、黒人の物まねをする為に顔を黒く塗る、それは果たして悪い事なんでしょうか。
マインドバグあるいはそれを生み出す非意識のバイアス((心の中のブラインド・スポット: 善良な人々に潜む非意識のバイアス - Mahzarin R. Banaji , Anthony G. Greenwald (原著)))と戦う為には、差別に繋がる非意識のバイアスを如何に人々に生じさせないかが大切だと私は考えます。その観点で見た時、今のダウンタウン浜田の顔面黒塗りを騒ぎ立てる差別対策の在り方って正しいんでしょうか。
もちろん黒人差別が根強い社会、少し前まで存在していた社会、非意識のバイアスとして残っている社会等においては、現状できる対策としてブラックフェイスを差別とするのはありだと思います。でも、黒人差別が非意識のバイアスとして存在しない日本(日本人に非意識の人種差別バイアスがあるとしたら黒人ではなく外国人全体でしょう)において、非意識のバイアスのある社会と同じ対策を取るという事は、結果的に日本人の中に非意識のバイアスを生み出し、バイアスを潜在させる結果にならないんでしょうか。
差別対策というのは、社会に応じて異なるものであり、また社会の成熟に伴って見直され、より人が自由を取り戻す方向に更新されていくものじゃないでしょうか。
日本における人種差別対策というのは、アメリカ社会の人種差別観ではなく、日本社会の差別観に基づいて行うべき何じゃないでしょうか。日本において人種差別対策をするのなら、外国人全体を対象とすべきであって、黒人に特化して問題視することは、やはり認知(非意識レベル含む)の認知の歪みに繋がりかねないのじゃないでしょうか。また日本における人種差別というものを問題にする場合、外国人全体を取り上げるのとは別に、韓国人や中国人については別に取り上げる必要があるかもしれません。
ちなみに私は、IAT(潜在連合テスト)では、弱い黒人への選好を示しています。それがこの記事の内容(日本の社会観)に影響しています。