アファーマティブ・アクション

アファーマティブ・アクションに対して拒否感を示す人は、過去の社会が差別的であったからこそ現在受けられている恩恵というものの存在に対して鈍感なのか、または見ない振りをしているのだと思う。
例えば、女性と男性は知的能力において対等であるにも関わらず機械や数学が苦手というステレオタイプの存在が、その方面への女性の社会進出を阻んだのであれば、その方面にいる男性は本来もっとあったはずの競争に晒される事もなく、その能力より高い地位、賃金を得られている可能性が高い*1
このようなステレオタイプは社会が男女平等を進めたからといって、すぐに駆逐されるものではないし、そのステレオタイプの影響を受けて育てられた女性というのは徐々に減って行くにしても、完全にいなくなるには少なくない時間がかかるだろう。という事は、今現在でも男性はそのステレオタイプによって恩恵を受けているし、これからもしばらくは受け続けられるという事になる。
その事実が何かしらの理由で見えていないから、それを是正するには積極的な対策が必要だという事が理解できず、それを悪平等だの逆差別だと主張したりする。

しかし、そういうステレオタイプがない社会であったとして、女性は男性と同じだけ科学、工学の道を進むのかという事に関して、個人的には少し疑問もある。知的能力自体には差がないとしても、得意不得意、興味無関心の傾向に差がある可能性はあるし*2、男性と同じだけ女性が科学、工学の道に進める(進まされる)のが女性にとって絶対的な利益になるのかはわからないと思う。もちろん科学や工学の才能に恵まれ、そちら方面への興味も強い女性がステレオタイプによって潰される社会であってはならないのは大前提として。男女の性差を認めつつ、かといってそれをステレオタイプ化せず、色々な男性、女性がいるという中で男女平等というものを追及し、アクションを取って行く方が良いのではないかという思いもある。

全然関係ないけど、言葉遣いの悪い女性に対して、女のくせに……というのが差別なら、そんな口汚く暴力的に相手を罵っても免責される権利なんてむしろ女性に差し上げたい。そんな権利を男が持つ男社会なんて僕にとっては生き辛いだけだし「男のくせに言葉遣い酷すぎ」と言われる男社会の方がよほど生きやすい。

*1:職場に女性が少ないというのは、男性にとって出会いという点ではデメリットでも、職に関する競争については大きなメリットだろう

*2:例えば自閉症スペクトラムの男女比がある事から